◎『ストップ!インフルエンザ』

慌ただしく2月を迎えた気がします。大雪対策、アッという間に流行してしまったインフルエンザA型に、正直慌ててしまいました。
昨年のこの2月のきぼうえんだよりでは、12月下旬に3人、年末・年始の休み中に3人だけ、そして1月28日に1人と、計7人のみの罹患でしたので、今回の1週間で48人が罹患したことは驚きでした。しかし、29日に、お休みしていた子どもは18人になり、新しく罹患した子はいませんので何とか落ち着いたようです。兄弟・姉妹によるお休みのご協力をいただき、本当にありがとうございました。かと言って、安心するのはまだ早いです。宮城県は27日付でインフルエンザ警報を出しました。希望園は1週間早く流行したようです。合わせて、まだ少ないようですが、インフルエンザB型も出ているようです。この場合、A型に罹患したとしても新たにB型に罹患いたしますので、これからも予防対策には気が抜けません。
何とか、このまま収まってくれればと祈っております。予防対策は、いつもの通り丁寧なうがい、手洗いと十分な休息と限られています。園では、この期間中は戸外に出ることは控えてきましたので、流行が収まれば、子ども達の大好きなお外に出したいと思っています。
最近、厚労省は耳下腺炎(おたふく風邪)と伝染性紅斑(リンゴ病)の全国的な流行について注意喚起を発表しました。合わせて予防に努めていきたいと思います。罹患して大変なのは、子ども達です。早めに予防接種をすることや、日々こまめに手洗い・うがい等を行ない、まず、大人の私たちが見本となるようにしていきたいものです。希望園は、他の保育所と違い、1年を通して手指消毒液を玄関に設置していますので、送迎時には忘れず消毒して下さいね。いつもお願いしていますが、朝登園しても素通りされる保護者の方がまだいます。それが予防の全てだとは思いませんが、集団生活の場なので、ご協力下さい。
さて、今月は2回目の懇談会があります。毎年同じお願いをしていますが、懇談会への出席をお願いします。希望園は、時間延長保育をしており、13時間保育を行なっております。24時間のうち、13時間開園するということは、就労形態が多様化している今、必要な延長だとは十分理解しております。そうなると毎日忙しい中で、子育てをしながら働くという大変な毎日を保護者の方々も子ども達も過ごすことになります。保護者の方々には朝・夕挨拶をする位で、ゆっくり顔を合わせることが少ないです。懇談会は、年に2回と大変少ないのですが、保護者の皆さん、担当職員が身近に顔を合わせて、日頃の子育ての情報交換や子ども達の姿等を話し合える会となります。
現代は、何かと子育てが難しくなったと言われております。しかし、0歳~就学前までの6年間を保育所で過ごす子ども達です。心身の健やかな成長が求められる大事な時期を過ごします。そのことは家庭だけで、保育所だけで出来るものではありません。家庭と保育園が車の両輪のごとく、共働で進めていかなければなりません。その共通理解を考える場が懇談会です。とりわけ、2回目の今回は、ひかり組にとっては最後の懇談会となり、就学に向けての大切な話し合いとなります。他のクラスも進級についての話し合いとなりますので、何かとお忙しいとは十分承知しておりますが、万障繰り合わせて、参加されますよう、心からお願いをいたします。
2月は寒さが厳しい月です。子どものみならず、保護者の皆さんも健康に留意され、お元気にお過ごし下さい。
ugai_tearai